タグ別アーカイブ: 治療

拒食症早期治療の大事さ (大阪 淀屋橋心理療法センター)

拒食症の治療の場合、やはりその根底にある痩せることへの執着をどうするか、逆に言えば痩せること以外に執着心を向けられない現状を解決することが必要です。

身長160cm 体重が40kgを切ったぐらいの早い段階なら、手は打ちやすいです。その人の成長をどう図るか、どのように芽を伸ばせればここから脱出できるか、カウンセラーも、周りの親も関係者も考えるユトリがあるからです。

一方体重が30kg切った、25kgを切ったとなると、どうしてもなんとか1口でも食べて欲しいと親の関心が偏り、本人さんの心も揺れます。そうなると、楽勝ムードで治療に取り組むことが難しくなってきます。

心理的な治療が効果を上げてきても、まだ体重は2、3ヶ月ゆっくり下がっていきます。やがて底を打って、ゆっくりと上昇に転じていきます。そのような治り方をした人は、過食症に陥る可能性も低いのです。

今日は、早い段階での治療のスタートが、当センターの治療法では、いかに治しやすくなるかを書かせて頂きました。次は、より低体重のケースの場合について書いていきます。

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)

淀屋橋心理療法センター メインHP 精神科医日記より

(詳しい情報は上のリンクより当センター メインHPでご確認下さい)

拒食症 治療のスタート(大阪 淀屋橋心理療法センター)

拒食症の治療を当センターでスタートする場合、スムーズに行く場合と最初苦労する場合に分かれます。

スムーズに行く場合は、

  • 親子(主に母子)の関係が良好な場合
  • 体重が命に関わるギリギリでない場合
  • 本人が家の外で色々と経験を積んでいる(働いている、学校に行っている、ボランティアをしている、趣味がある)場合

が挙げられます。このようなケースは波に乗ると、話し方が生き生きし、考えが広がり、しばらく遅れて体重が増えることを許せる気持ちになってきたりします。その変化はとても目覚ましく、摂食障害の人の持っているパワーを改めて感じます。

一方、親子関係、きょうだい関係は摂食障害の為にちょっとしたきっかけでこじれやすく、かなりこじれた状態で初診に来られると、

  • こじれた関係をほぐしたり、
  • 体重が下がって行くのを食い止めたり
  • 家族の心配が患者さんの体重だけに偏ってしまったり

することを防がなければなりません。そこから解決に向かう大きな希望を引き出してくるのに、かなりの気配りと工夫を要します。現在も格闘中です。

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)

淀屋橋心理療法センター メインHP 精神科医日記より

(詳しい情報は上のリンクより当センター メインHPでご確認下さい)

家族療法:摂食障害(拒食症)のカウンセリング治療は家族の協力が不可欠

◎摂食障害のカウンセリングは、家族の協力が不可欠

摂食障害にかかる人たちの年齢層が広がってきた昨今の治療は、一般的に行われている本人のみを対象にした傾聴カウンセリングだけでは乗り切ることは難しいものがあります。当センターで行っている家族カウンセリングが有効と認められてきました。もちろん母親や夫の同席がいいとは限らないこともありますので、そのへんは慎重に判断しています。ただ年令の低い子供の場合は、親御さんの協力を抜きにしては語れません。ときには親御さん(母親)のみを対象にしたカウンセリングで、子どもの摂食障害が好転する事例も多くあります。具体的なアドバイスや課題を親御さんにだしながら、親子が助けあえる関係に導いていきます。 親御さんや夫の協力を得て二人三脚のカウンセリングで、摂食障害の改善に大きな成果をあげてきました。

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)
増井 昌美(摂食障害専門セラピスト)

淀屋橋心理療法センター ☜クリック

☎ 06-6866-1510

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 拒食症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
にほんブログ村

摂食障害(拒食症)の低年齢化(小学生)

◆淀屋橋心理療法センターでは二年前に、小学6年生(12才)の拒食症の事例がありました。

お母さんのお話を聞いていくと、娘さんは小学3~4年生ころからおやつのケーキやアイスクリームなど甘いものをたべようとしなくなったということです。お母さんが問いただすと「クラスの男の子が私のこと『子豚のブーちゃん』といってからかうの。太ってるのいやだ。細くなりたい。甘い物食べると太るもん」と言って泣き出したそうです。「だいじょうぶよ、そんなに太ってないから」とお母さんはなだめたのですが、「いいや、私太ってる」と言って、頑として受け入れようとしませんでした。

そのあとも二年ほどそんな状態が続いていました。小学6年生になったころから食事の量が極端に少なくなり体重がどんどん減ってきました。近くの内科を受診したところ「拒食症」と診断されたということです。

当センターで11ヶ月のカウンセリングを両親とともに受け、完治しました。

◆最近立て続けに小学3年生(8才)の女子の拒食症事例が当センターに来所、これが最年少の事例です。

今まで小学5~6年生の摂食障害を治療してきましたが、3年生という幼さにさすが我々も驚きました。

身長がぐんぐん伸びだす直前でもあり、親御さんもなんとか本人の栄養状態をよくしようと必死でした。ところがうまくいかず、下がる一方の体重になすすべもありませんでした。心配のあまり拒食症専門外来のある当センターに相談に来られました。

お母さんの話によると女の子は食べ物を口に入れてガムのようにかんでいるのですが、なかなかのみこめない状態です。あるいは飲み込みたくないという気持ちが強いのかもしれません。食べ物のカロリーをよく知っていて「ヨーグルトはいいけど、アイスクリームはダメ」といって、自分で食べていい物いけない物を決めています。カロリーの高い物を意図的に避けているようです。やはり「太りたくない」という強い「やせ願望」の意識が根っこにあるようです。

このうちの一つのケースは、こじれるパターンをもっていました。「お母さんが食べてくれたら、私も食べられるよ」という要求をしてきます。お母さんとしては「娘が食べてくれるなら」と思い、「いいよ、お母さん食べるからあたなも食べてね」と、受けてしまいそうになります。しかし摂食障害において、この要求はお母さんが引き受けるとこじれる素になります。このようなことを娘さんが言い出したときには、すぐに摂食障害の専門家に相談しましょう。

淀屋橋心理療法センター ☜クリック

☎ 06-6866-1510

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 拒食症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
にほんブログ村

男性の摂食障害(過食症・拒食症):割合・特徴・治療

男性の摂食障害(過食症・拒食症)

男性の摂食障害というのも少ないですがあります。女性97%に対して男性3%の割合だという論文を見た事があります。

淀屋橋心理療法センターの摂食障害クライアント1514例を調べた所、97例、つまり6.4%が男性でした。

男性の摂食障害の特徴は、カッとしやすいとか強引だという傾向があるように思います。ですから最初がとても重要で、気を使います。うまく軌道に乗る事ができればあとは難しくありません。

女性的な人がなる等思われがちですが、当センターでいままで治療してきた人達は全くそんな事はありませんでした。

淀屋橋心理療法センター ☜クリック

☎ 06-6866-1510

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 拒食症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
にほんブログ村

摂食障害(拒食症)の人たちとお正月

摂食障害(拒食症)の人たちとお正月摂食障害 拒食症

摂食障害(拒食症)カウンセリング治療は淀屋橋心理療法センター大阪 摂食障害専門外来でおこなっております。(06-6866-1510にお問い合わせください)

「拒食症の私にとって、お正月は囚人の気持ちよ」 麻衣さん(中学3年生、拒食症歴一年)

摂食障害(拒食症)の人たちにとって、お正月を無事に過ごすことが毎年しんどい一年の始まりです。いったいなぜそんなにお正月がしんどいのでしょうか?

お正月が終わりカウンセリング治療に来所した拒食症の麻衣さんのお話からご紹介しましょう。

「お正月はほんとうにいや、だって「あれ食べこれ食べ」ってすすめるんだもの」

朝一番に家族とともに祝うおせち料理。お膳の前に座っていっせいに「おめでとうございます」と挨拶を言って食事が始まります。「おいしそうやな、オレは食うぞ」とお兄さんの目がキラキラかがいています。「私は黒豆と田作り。だってお正月の定番ですもの」とお姉さん。「麻衣ちゃんはなにがいい、お皿にとってあげようか?」とおばあちゃんのやさしそうな声。

「あーあ、またはじまった。これがしんどいのよ」「これおいしいよ」とか「まだそんなけしか食べてないの?」とか。もうほっといてほしいのに食べることに口をはさんでくる。お正月だからいいと思ってるのかしら」。麻衣さんはいつもの食べるペースを崩されてしまい、しんどくてたまりません。

 

お正月は家族が増えたり減ったりする「アコーデオン家族」

麻衣さんにとってお正月でもう一ついやなことがあります。それは家族の人数が増えたり減ったりすることです。東京の大学に行っているお兄さんが帰省してきた。結婚したお姉さんが赤ちゃん連れて帰ってきた。それにおばあちゃんとおじいちゃんが笑顔でやってくるし。

麻衣さんにとって本来ならうれしいことです。おじいちゃんもおばあちゃんもやさしいし、お年玉くれるし。お兄さんは宿題でわからない数学を教えてくれます。赤ちゃんもかわいいし。みんないいことばかり。拒食症でさえなかったら、どんなにいいだろうと思います。

でも麻衣さんとって生活のペースを守れないのは不安と苦痛でしかありません。「6時に起きて朝の体操をする。それからトイレに行って、顔を洗って着替える」。麻衣さんにとっては、これらの生活習慣がみんな自分で決めた時間にしたがって行なわれないと一日が始まりません。家族が増えることで崩されてしまいます。これは完璧に自分がきめたルールを守らずにいられない麻衣さんにとっては大変な苦痛です。

                            摂食障害専門外来

「お正月は娘の拒食症がよくなったと確認できる大切な日」とお母さん

カウンセリング治療にいつも一緒に来所するお母さんが次のように話してくれました。「お正月は確かに麻衣にとっても他の家族にとってもたいへんな行事です。でも麻衣の拒食症の改善がわかるバロメーターの役割をしてくれているようにも思えます」。

どんなところがお母さんからみて麻衣さんの拒食症がよくなったと言えるのでしょうか?

 

拒食症の麻衣さんの改善点は…………(母親の視点から)

*「暮れにおせちをお重につめる手伝いをしてくれました。拒食症で苦しんでいた昨年は食べ物   が目の前にあるのもしんどくて、布団のなかにいましたから」

*「お料理づくりのあいまに、使った道具なんかを洗ってくれてました。言われたことしかできなかったのが、気がつくようになってきたんだなと思いました」

*お正月のお膳を家族みんなで囲めて「おめでとうございます」って言えました。昨年のことを思うと信じられないことです。新年から布団をかぶって出てこなかったし、おせちもみんなとは一緒に食べられませんでした」

*「食べる量と種類が増えてきましたね。昨年は自分が「食べてもいい」と決めている物しか口にできなかったんです。でも今年はおばあちゃんが持ってきてくれた羊羹を「おいしいね」って食べてました」

*「昨年は兄が帰ってくると極端にいやがって避けてたんです。顔をできるだけ会わせないにして。でも今年は『お兄ちゃんに数学おしえてもらうんだ』と帰ってくるのを待っていましたね」

 

摂食障害(拒食症)は、家族の辛抱、理解と見守るまなざしがあれば立ち直れる

摂食障害(拒食症)の家族の人たちからすれば、「この子はいったいなんでこんなに我がまま言ってるの。勝ってなことばっかりして」と腹がたつときも多いでしょう。が、摂食障害(拒食症)は、適切なアドバイアスがもらえるカウンセリング治療の路線にのっていれば、家族の辛抱、理解と見守るまなざしは、やがて本人が拒食症から立ち直る原動力となっていくことがよくあります。

摂食障害 拒食症

 

淀屋橋心理療法センター大阪 ☜クリック

摂食障害専門外来(06-6866-1510)

福田俊一 所長、精神科医師、カウンセリング治療歴40年

増井昌美 当センター摂食障害専門セラピスト 治療歴30年

「拒食症」母親の不安と悩み:入院をいやがる子ども

 摂食障害(拒食症/過食症)のカウンセリング治療は、大阪府豊中市淀屋橋心理療法センター の摂食障害専門外来でおこなっております。 06-6866-1510

 

 「拒食症」母親の不安と悩み:入院をいやがる子ども

 

母親の不安:うちの子はがりがりにやせてます。それでもわずかしか食べようとしません。体重が毎日のように減ってきています。今にも死にそうなので入院させたいのですが「入院はいやだ」と言います。どうしたらいいでしょうか?

答え:たいてい拒食症の子どもは入院をいやがります。「入院すればむりやりに太らされる。ぜったいにいや!」という強い気持ちをもっています。子どもの気持ちを尊重すれば、やせて命が危なくなるのではと母親の不安はつきません。かといって無理矢理に入院させるというのもさらに不安がつのると、親御さんはどうしたらいいか難しい局面にたたされますね。

 

さらに詳しいアドバイスは下記をお読みください。 ↓↓

入院をぜったいにいやがる子ども

拒食症の一番たいへんな点は「食べないので低体重が死につながる」恐れがあることです。母親の不安の最たるものは、我が子のやせ細った姿を見るたびに「この子は低体重で死んでしまうのではないか。なんとしても入院させて命を救ってやらなくては」と必死になります。しかしそのたびに「入院はぜったいにいや!」と、かたくなまでに主張する拒食症の子どもに直面するのです。

 

内科医と子どもの最低体重の約束が効果をあげる

拒食症のカウンセリングでは、体の安全を一番に考えて医学的に診てもらえる内科医との連携をとるようにしています。ドクターから「あなたの最低体重は○kgです。これより下がると、入院ですよ。いいですね」と、はっきりと約束してもらいます。たいていの拒食症の子(人)は「入院したくない」という気持ちを強くもっています。それだけに「ドクターと約束した最低体重の○kgをぜったいに守ろう」とする意思がわいてきて、これ以上やせないように頑張りだすことがよくあります。

カウンセリングではこの「ドクターと子どもの間で約束された最低体重」が保証されると、安心してカウンセリング治療にとりくむことができます。

 

 「やせたい気持ち」を受け入れて子どもの意思を尊重

淀屋橋心理療法センターカウンセリング治療では決して頭から低体重の子どもが主張する「食べない」という行為を否定したりしません。むしろ「やせていたいんでしょう。いいですよ。やせていましょう。それがあなたらしいことなんですから。無理に太ろうなんてできないでしょう」と語りかけて、子どもの「やせたい気持ち」を受け入れてあげます。母親には「食べる食べない領域は子どもの意思を尊重して任せましょう」と語りかけ、そのかわり連携をとっている内科医に決めてもらった「体を守る最低限の体重を切らないよう、自分で頑張る」という約束をはっきりと守ってもらいます。

このように子ども自らが自分の意思で取り組んでいけるように導きながら、子どもの成長をめざします。

 

   ここがポイント ↓↓

*「やせたい」気持ちを受け入れる

*最低体重を内科医と子どもで約束

*子どもの意思を尊重

*大切なのは、子どもの成長

**************************************************************************************************

 

カウンセリングは「淀屋橋心理療法センター、摂食障害専門外来」でおこなっております。さらに詳しい摂食障害(拒食症)の記事はこちらをクリック 淀屋橋心理療法センター摂食障害専門外来

淀屋橋心理療法センター ☜クリック

福田俊一 精神科医 所長 (摂食障害カウンセリング治療40年の治療歴)

増井昌美 摂食障害専門セラピスト (カウンセリング治療30年の治療暦)

「拒食症」:どんな子が拒食症にかかりやすい?その特徴は?

 「拒食症」にかかりやすい子の特徴

 

摂食障害(拒食症/過食症)のカウンセリング治療は大阪府豊中市淀屋橋心理療法センター摂食障害専門外来で行なっています。 (電話:06-6866-1510  FAX:06-6866-2812】

*************************************************************************************************************

質問どんな子が拒食症にかかりやすいんでしょうか?その特徴

答え:小さい頃から「良い子」「親の自慢の子」といった特徴があります。

小さい頃から特徴として「よく気がつく」子どもさんであったり、まわりの要望を的確によんで動ける「良い子」「優しい子」の特徴がみられます。

学校の先生からも「良い子です」とほめられたり、クラスのみんなからも「頼りになる。優しいお姉さんみたい」と慕われて優しい人気者だったりします。

頼まれたら「いや」と言えずなんでも引き受けてくれる優しい子。それだけに親御さんにとっては「自慢の良い子」であることが多いようです。「あんな良い子が、なんで拒食症のような病気になってしまったんでしょうか。信じられません」と晴天の霹靂のような気持ちで来所する親御さんが多くおられます。

ただ最近はこのような典型的な「良い子」でないケースも混じり始めていますが。

***********************************************************************************************************

 淀屋橋心理療法センター ☜クリック

福田俊一 所長 精神科医(摂食障害のカウンセリング治療歴40年)

増井昌美 摂食障害専門セラピスト(過食症のカウンセリング治療歴30年)

 

摂食障害(拒食症/過食症)のカウンセリング治療は淀屋橋心理療法センター摂食障害専門外来で行なっています。 (電話:06-6866-1510  FAX:06-6866-2812)

「拒食症」:拒食症の発症のきっかけ(原因)は?

「拒食症」:拒食症の発症のきっかけ(原因)は?

 

摂食障害(拒食症/過食症)カウンセリング治療は、大阪府豊中市淀屋橋心理療法センター摂食障害専門外来で行なっています。 (電話:06-6866-1510  FAX:06-6866-2812】

***************************************************************************************************************

 

質問:発症のきっかけ(原因)は、やはり「やせたい」でしょうか?

答え:もちろん「やせたい」気持ちは心の底に根強くあります。しかし発症のきっかけ(原因)はそれ前にいろいろあります。

拒食症になるきっかけ(原因)は、その子(人)によっていろいろです。クラスで写した写真をみて「私の足が一番太い。なんとかやせたい」と思った子もいます。バレエの先生に「もっとやせないと、美しいシルエットにならないよ」と言われた一言が心にひっかかり「なんとしてもやせたい」という強い気持ちがわいてきたり。弟に「お姉ちゃん、ふっくらアンパンマンや」とからかわれ、やせたいと目標をたてて甘い物をいっさい食べなくなった子もいます。

ちょっとした周りの人たちの一言が心にドキッときて、「なんとしてもやせたい」という気持ちからダイエットを始めたりするようです。「おやつを我慢したら、1kgやせられた。うれしーい!」といった喜びの体験が、だんだんとやせへのこだわりを強めていくこともよくあります。

 

*********************************************************************************************************

淀屋橋心理療法センター

福田俊一 所長 精神科医(摂食障害のカウンセリング治療歴40年)

増井昌美 摂食障害専門セラピスト(過食症のカウンセリング治療歴30年)

 

淀屋橋心理療法センター 摂食障害専門外来 TEL: 06-6866-1510    FAX:06-6866-2812

低年齢化:拒食症の発症年齢は何才くらいから?

「拒食症」: 発症年齢は何才くらいから?

 

摂食障害(拒食症/過食症)のカウンセリング治療は、大阪府豊中市淀屋橋心理療法センター摂食障害専門外来で行なっています。 (電話:06-6866-1510  FAX:06-6866-2812】

*******************************************************************************************************************

 

質問拒食症の発症年齢は何才くらいからですか?

答え:発症年齢は近年下がりつつ(低年齢化)あります。2〜3年前のことですが、「小学6年生の拒食症」の事例相談を受け、我々も驚いていたころもありました。

しかし昨年あたりから「小学4年生(9才)」という事例もまれではなくなっています。ほっそりしたまだほんとうに幼い印象の子どもが待合室にチョコンと座っているという光景がめずらしくなくなっています。

「摂食障害 低年齢化に警鐘」の記事が読売新聞(2012.12.09)に掲載されていました。次に抜粋して紹介しましょう。

「拒食症などの摂食障害になると低栄養状態になり、最悪の場合死に至ることもある。最近では、低年齢化の傾向もみられ、小中学生を中心に….」

「特に小学生は体が小さく、余力がそれほどない。栄養失調や飢餓状態の影響を大きく受けます。……..摂食障害の子どもの大半は、太ることへの恐怖心を持っています。しかもやせていることを気にしていないため、なぜ病院に連れてこられたかもはっきりと分からず、通院する必要性も分かっていない。食べようと思っても食べられない状態の子どもも多いんです。………….」(読売新聞より抜粋)

 

 

******************************************************************************************

福田俊一 所長 精神科医(摂食障害のカウンセリング治療歴40年)

増井昌美 摂食障害専門セラピスト(過食症のカウンセリング治療歴30年)

 

摂食障害(拒食症/過食症)のカウンセリング治療は、淀屋橋心理療法センター摂食障害専門外来で行なっています。 (電話:06-6866-1510  FAX:06-6866-2812)