タグ別アーカイブ: 母親

激やせ ダイエットから拒食症? 母親の不安・診断基準など

ダイエットから体重が減りすぎて不安な母親「この子、ひょっとして拒食症!?」(拒食症歴1年 中3)

淀屋橋心理療法センター(大阪)にある摂食障害専門外来には、たくさんの母親が子どもの食行動について相談に来所しています。食べる量がだんだん少なくなり体重が目に見えてへってくると、母親としては「この子、ひょっとして拒食症!?」と不安になってきます。そのなかで今回は「拒食症の診断」とそれに関する注意点をお話しましょう。(下記に「拒食症の診断基準」ものせています。ご参考にしてください。)

神経性食欲不振症(拒食症)の診断基準

【厚生省特定疾患・神経性食欲不振症調査研究班】

(当センター福田所長研究班メンバー1984~1986)

  1. 標準体重の-20%以上のやせ
  2. 食行動の異常(不食、大食、隠れ食い、など)
  3. 体重や体型について歪んだ認識(体重増加に対する極端な恐怖など)
  4. 発症年令:30歳以下
  5. (女性ならば)無月経
  6. やせの原因と考えられる器質性疾患がない

「チーム医療としての摂食障害診療」(診断と治療社2009))

「ダイエットから体重がこんなにへって。娘は拒食症では?」と不安な母親

母親は当センターの摂食障害専門外来に来所するまでのいきさつを、くわしく話してくれました。

娘の麻央さん(15才 中3)が最近ダイエットにこだわりだし、母親はやせていくことに不安を感じていました。鏡のまえでうれしそうに自分の体型を何度もみていることも不安をつのらせます。生理が止まったということを聞いて、「もうこれ以上待てない」と、母親は思い切って麻央さんをつれて近くの心療内科へ診察を受けにいきました。

「なぜ娘がそこまで食事やカロリーの数値にこだわるのか?やせていきつつあるのに太っていると言い張るのか?」、母親はさっぱりわかりません。

「食べたい気持ちがあるので、拒食症ではない」というドクターの診断を聞いて不安が

まず麻央さんが一人で診察を受け、そのあと母親が入って話しをききました。「娘の体重が極端にへっているように思われます。何キロかは私に言おうとしませんが。だんだんやせていくので心配です。拒食症ではないでしょうか?」と、母親は不安な気持ちをドクターにぶつけました。

ドクターは次のように話したということです。「拒食症かどうかの診断はむつかしいです。娘さんはやせているのに足が太っていると言ったり、お腹がでているのを気にしたりしています。このように「やせているのに太っている」と体型にこだわるのは、確かに拒食症の特徴です。しかし当医院は拒食症であるか否かは自己申告で決める事になっています。娘さんはさきほど『食べたい気持ちがある』と言われたので、拒食症と診断はできません」

母親はドクターから「拒食症と診断できない」と言われても、日々やせていく娘を見ていると不安でたまりません。一日も早く治療という形にもっていきたい気持ちでいっぱいです。インターネットで「拒食症 診断」と入力し、検索してみました。そこで淀屋橋心理療法センターに摂食障害専門外来があるとわかり、大急ぎでかけつけてきたということでした。

拒食症の診断には「内科的な他の病気」がないか、まず検査を

この話しを母親から聞いたカウンセラーは、「拒食症でも食べたい気持ちはあると言う人はけっこういますよ。それよりも「食べない」という裏に内科的な他の病気がないかどうかがポイントです。たとえば腸の病気や脳下垂体の腫瘍などですが、検査をうけて、もしこのような病気が見当たらないのであれば、確定診断はともかく拒食症の可能性は高いですね」と、精神科医でもあるカウンセラーはしっかりとアドバイスをだしました。

「拒食症」という診断を子どもに知らせてもだいじょうぶか?

「拒食症であると診断されたら、子どもに知らせてもだいじょうぶでしょうか?」と母親は、不安げに聞きました。「拒食症の場合は、親御さんが告げていただくと、拒否反応がでるということがよくあります。やはり摂食障害の専門家とか医師から伝えてもらうのが一番いいことです。そうすることでご本人も納得し受け入れやすくなるでしょう。また親子の話し合いも風通しがよくなり、接し方がスムーズにいくことがよくあります。

その反対に自分が拒食症であるとわかると、カウンセリング治療を受けることを拒否する子どもさんもいます。「治療を受けたら、私は太らされるにちがいない」と思い込んでしまうようです。しかしカウンセリング治療を受けていくにつれ、たいていの子どもさんには成長がみられ体重が増えても受け入れられるようになってきます」。

しかし子どもさんの状態などをみて告げるタイミングは大切です。どのポイントで告げるといいかなどについては、カウンセリング治療のなかでアドバイスをさしあげます。

カウンセリング治療で拒食症のアドバイスがもらえる安心感

母親は話しを聞いてまずカウンセラーから指摘された内科的検診を受けることを約束しました。同時に摂食障害専門外来で拒食症のカウンセリング治療をスタートしました。母親は、これからどうしていけばいいかアドバイスがもらえる形になって、ひと安心した表情でカウンセリング室をあとにしました。

淀屋橋心理療法センター ☜クリック

☎ 06-6866-1510

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 拒食症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
にほんブログ村

摂食障害 症状レベルごとの事例と対応アドバイス 母と子の関係に焦点を当てた本

「母と子で克服できる摂食障害―過食症・拒食症からの解放」

母と子で克服できる摂食障害

  • 本の題名:母と子で克服できる摂食障害―過食症・拒食症からの解放
  • 著者:福田俊一 増井昌美
  • 出版社:ミネルヴァ書房
  • 2,400円(税別)
  • 2011年1月20日

こちらの本はamazon.co.jpで購入できます。

母と子で克服できる摂食障害―過食症・拒食症からの解放 目次

はじめに

序章 摂食障害(拒食症・過食症)とは?

  1. 摂食障害(拒食症・過食症)はなぜ起こる?
  2. 拒食症とは?
  3. 過食症とは?
  4. 摂食障害(過食症・拒食症)の子とその家族
  5. 摂食障害(過食症・拒食症)は、なぜ「母と娘」なのか?
  6. 治療の枠からはみだしたように見える父親
  7. 子どもの成長をうながすのも大切なポイント
  8. 家庭崩壊につながる摂食障害の恐さ

1章 はじめが肝心、早期解決をめざそう(初期:発症~二年目くらいまで)

  1. 摂食障害(過食症・拒食症)はこじれやすい
  2. 初期のころによく見られる母娘のトラブル事例(過食症)
  3. 拒食症では初期でも命にかかわる問題点が浮上
  4. お母さんの疑問・不安にお答えします―「お母さん、こんなことに気をつけて」

2章 「少しこじれだしたな、早くなんとかしなければ」(中期:三~五年目くらいまで)

  1. 中期のころによく見られる母娘のトラブル事例(過食症)
  2. 過食症の注意点―ここを踏ん張れば、悪化は防げます
  3. 拒食症の注意点―拒食症から過食症へ移行する場合も

3章 こじれて長期化していても適切な対応で克服できる(長期化:六~一〇年以上)

  1. 長期化してこじれた摂食障害(過食症・拒食症)克服への道
  2. 「あきらめないで。こじれていても良くなった人がたくさんいます」

おわりに

  • DSM-Ⅳ-TRによる摂食障害の診断基準
  • チェックリストで見つける摂食障害―適切な対応で悪化を防ぎ、早期解決を可能に
  • 「長びく摂食障害、でも良くなるサインを見つけましょう」

執筆を終えて

■ 福田俊一(所長、精神科医)

我々は毎日摂食障害の解決のために、たくさんのクライアントの方々とともに戦っています。そのなかで重要なポイントは、その人本来の持ち味と今の生き方のギャップです。そしてそのギャップを埋めて行くのに一番効果があがる方法が、子どもにとって身近な母親との関係なのです。母と子の関係のなかには、解決のための糸口がいっぱいあります。またここがこじれると、なかなかうまくいかず症状がこじれることもあります。

そこで今回はズバリ、「母と子の関係」に焦点を絞って本書を執筆しました。

「母と子の関係」は非常にデリケートな問題です。子の立場にたつと「親が悪い」ということになりがちだし、親の立場にたつと「子どもに問題があって、そこをなんとかしないと・・」となります。本書の執筆にあたっては、片方に偏らないように気をつけて書きましたが、簡単なことではありませんでしたし完全にうまく書けたとも言い切れません。

この本が摂食障害(過食症・拒食症)でお困りのご本人や家族の方々、また治療の現場に携わっておられる関係者の皆様のお役に少しでも立てたらうれしく思います。

■ 増井昌美(摂食障害専門セラピスト)

本書のテーマを企画発案し、執筆を始めてから二年がたちました。発売日の1月20日過ぎ、「並んでるでるかな?それともまだ・・」と内心ドキドキしながら紀ノ国屋書店に歩を早めました。「ありました!」心理のコーナーにオレンジ色の表紙の「母と子で克服できる・・」の本書が平積みにされてありました。「やれやれ、やっと一冊の本を出すことができたんだな」と、正直ホッとしました。

摂食障害の症例は当センターにおいては、年々急上昇といってもいいくらいクライアントの数が増えています。カウンセリングで治療を進めるプロセスで、本症が抱えるトラブルが次々と浮き彫りにされてきます。多くの症例のなかからテーマを絞り込み、それに合った資料を収集し執筆へと駒を進めていきます。今回は摂食障害によくみられる「母と子の間によく起こるトラブルと解決へのヒント」を集めてみました。

「子どもが摂食障害になるのは、母親が悪いからですか?」という質問を受けることがよくあります。が、決してそうではありません。本書をお読みいただけたらおわかりになることでしょう。

摂食障害に悩む人たちや関係者の皆様に本書をお読みいただだき、立ち直るヒントをつかまれたらこれほど嬉しいことはありません。

摂食障害は治る

症状レベルごとの事例と対応アドバイス

序章 摂食障害(拒食症・過食症)とは?

1章 はじめが肝心、早期解決をめざそう      (初期:発症~2年目くらいまで)

2章 「少しこじれだしたな、はやくなんとかしなければ」        (中期:3~5年目くらいまで)

3章 こじれて長期化していても適切な対応で克服できる      (長期化:6~10年以上)

摂食障害(拒食症・過食症)の背景には、母と娘の愛憎ドラマが多く見られます。二人がカウンセラーの導きや父親のサポートを得て葛藤を乗り越え、分かりあい支えあう関係に生まれ変わることで、驚くほど症状は良くなっていきます。

本書では、こじれる前の初期段階の事例から始まり、早く手を打てば良くなる段階の事例、そして長期化していても克服できることを示す事例を紹介し、症状レベルに合われた適切な対応やアドバイスをまとめています。長い年月摂食障害にかかっていても、治る可能性は十分にあるのです。

(本書の帯と表紙裏より)

子どもの心を育む教師と親のために

摂食障害には、体型へのこだわり、ストレス、家族関係ほか、いくつかの背景があるといわれる。本書では、母娘の関係に焦点を当てて過食・拒食を理解するとともに、症状レベルごとに事例をあげて、対応方法を紹介する。摂食障害の最終的な目標は「将来への生きがいさがし」にあると本書は説く。そのプロセスを母と娘が共に支え合って歩んでいけるような、「親子関係の再生」をどう図るか。本人と家族の抱える葛藤に寄り添うカウンセリングの実際を伝える。

児童心理 2011年4月号 NO.929 child study book guide より)

「将来への生きがい探し」へのカウンセリング

近年、摂食障害には発症年齢の低下傾向があり、小学4年生以下でも発症するケースが多いのだという。また、摂食障害になる子どもは「家族思いのいい子が多い」ため、治療には身近にいる家族のサポートが欠かせないとされているが、近年の傾向はそれをより強調することになっている。

本書は、まさにこのことをテーマにした本である。

構成はシンプルだ。序章で摂食障害の説明を行い、以下、症状の程度ごとに3つに分けた章で、事例を詳細に解説する。すなわち、一章では比較的容易に治癒した初期段階、二章では、こじれ出したけれど早く手を打ったことで回復に向かう段階、三章では、こじれて長期化したけれども克服した段階の事例である。それぞれに、カウンセラーと患者、カウンセラーと親、親と子の対話を示し、子どもを接するときの具体的な対応とポイントや、立ち直りのサインが書かれている。

著者は、薬を処方せず、カウンセリングを主としたアプローチをとって27年になる治療センターで、うつや不登校を含めた心の病を治療する精神科医だ。摂食障害を、親子関係すら希薄になってきた現代社会が生み出した病理の一つとするなら、著者が指摘するように、「特に摂食障害のような家族を巻き込むことの多い複雑な症状(の治療)にカウンセリングは適している」のだろう。

本書は、親子がコミュニケーションをとっていくなかで、わかり合い支え合い、克服するまでの過程を、失敗も含めて包み隠さず事例で紹介しているが、過食も拒食も「心の不足感」からくるものであることがよくわかる。そして何より、子どもの摂食障害は親の心の問題でもあるということが浮かび上がってくる。このように感じさせるところが本書の妙であり、事例(=著者の実践)の力だといえる。

中山書店 EB NURSING vol.11 no.2 2011 Books より)

 

こちらの本はamazon.co.jpで購入できます。

拒食症・過食症の症状レベルごとの事例と対応アドバイス

淀屋橋心理療法センター ☜クリック

☎ 06-6866-1510

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 拒食症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
にほんブログ村

拒食症と食事内容:カロリーを気にして食べない娘

母親からの質問

【質問】

娘は今17才ですが、三年間拒食症が続いています。発症当時50キロあった体重は35キロまで減りました。お料理を作るのは好きで、家族のためにいっぱい作ってくれるのですが、自分では食べようとしません。「Kちゃんも食べないと」とか「ほらこれ、栄養あるよ。一つでも食べてごらん」といって、進めていたのですが一向に食べないばかりか、よけいかたくなになるような気がして。とうとう親も我慢できなくなって「食べないんだったら、せめて自分から栄養ドリンク剤くらい飲まないでどうするの!」と、怒ったように言ってしまいました。食べることに関しては、心配でも親は口をはさまないほうがいいんでしょうか?

【答 え】

「食べなさい」と言ったら、ますます反発して食べなくなるということも考えられます。言わなければ自分から食べるようになるかというと、拒食症の子にそれは期待うすでしょう。どこで押すのか、どこで引くのか・・なかなかデリケートな問題です。内科医で処方された栄養ドリンク剤は、一本500Kカロリーほどあります。食べない子にとっては文字どおりの命綱です。食べて欲しいところですが、「カロリー」という言葉を聞いたとたん、いっぺんに喉を通らなくなったという拒食症の子もいます。我々もケースバイケースで対応しています。

ただ「食べろ、食べない」の押し問答をしていても不毛地帯のようなもの。どれだけしても花を咲かせるのは難しいでしょう。

少しこの問題から目をそらして、子どもの全体像を見てみましょう。14才から17才というと年齢的に子どもから大人になるちょうど変わり目にきています。わりと自己主張が強かった子なんかは自然に脱皮して変わっていきますが、我が強いのに我を出しにくいという子の場合、ここらで止まって行き詰まってしまうことがよくあります。小さい頃から慣れ親しんだ自分のようにはできないし、かといってどうしていいかわからない、もやもやした気持ちでいることがよくあります。摂食障害とはこのもやもやしているうちにポコッとやせ願望にはまってしまったようなものです。このあたりで子どもから大人へ、脱皮ができるお手伝いが必要です。

子どもの体重がこれ以上下がったりしないよう、また体に不調はでていないか十分気をつけながらすすめていきます。そして親子のコミュニケーションがこじれないよう注意しながら、一番効果のあがる本質的なところを解決すべく着々と手を打っていきます。

拒食症と食事 食べない娘への対応

淀屋橋心理療法センター ☜クリック

☎ 06-6866-1510

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 拒食症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
にほんブログ村

摂食障害(拒食症)の人たちとお正月

摂食障害(拒食症)の人たちとお正月摂食障害 拒食症

摂食障害(拒食症)カウンセリング治療は淀屋橋心理療法センター大阪 摂食障害専門外来でおこなっております。(06-6866-1510にお問い合わせください)

「拒食症の私にとって、お正月は囚人の気持ちよ」 麻衣さん(中学3年生、拒食症歴一年)

摂食障害(拒食症)の人たちにとって、お正月を無事に過ごすことが毎年しんどい一年の始まりです。いったいなぜそんなにお正月がしんどいのでしょうか?

お正月が終わりカウンセリング治療に来所した拒食症の麻衣さんのお話からご紹介しましょう。

「お正月はほんとうにいや、だって「あれ食べこれ食べ」ってすすめるんだもの」

朝一番に家族とともに祝うおせち料理。お膳の前に座っていっせいに「おめでとうございます」と挨拶を言って食事が始まります。「おいしそうやな、オレは食うぞ」とお兄さんの目がキラキラかがいています。「私は黒豆と田作り。だってお正月の定番ですもの」とお姉さん。「麻衣ちゃんはなにがいい、お皿にとってあげようか?」とおばあちゃんのやさしそうな声。

「あーあ、またはじまった。これがしんどいのよ」「これおいしいよ」とか「まだそんなけしか食べてないの?」とか。もうほっといてほしいのに食べることに口をはさんでくる。お正月だからいいと思ってるのかしら」。麻衣さんはいつもの食べるペースを崩されてしまい、しんどくてたまりません。

 

お正月は家族が増えたり減ったりする「アコーデオン家族」

麻衣さんにとってお正月でもう一ついやなことがあります。それは家族の人数が増えたり減ったりすることです。東京の大学に行っているお兄さんが帰省してきた。結婚したお姉さんが赤ちゃん連れて帰ってきた。それにおばあちゃんとおじいちゃんが笑顔でやってくるし。

麻衣さんにとって本来ならうれしいことです。おじいちゃんもおばあちゃんもやさしいし、お年玉くれるし。お兄さんは宿題でわからない数学を教えてくれます。赤ちゃんもかわいいし。みんないいことばかり。拒食症でさえなかったら、どんなにいいだろうと思います。

でも麻衣さんとって生活のペースを守れないのは不安と苦痛でしかありません。「6時に起きて朝の体操をする。それからトイレに行って、顔を洗って着替える」。麻衣さんにとっては、これらの生活習慣がみんな自分で決めた時間にしたがって行なわれないと一日が始まりません。家族が増えることで崩されてしまいます。これは完璧に自分がきめたルールを守らずにいられない麻衣さんにとっては大変な苦痛です。

                            摂食障害専門外来

「お正月は娘の拒食症がよくなったと確認できる大切な日」とお母さん

カウンセリング治療にいつも一緒に来所するお母さんが次のように話してくれました。「お正月は確かに麻衣にとっても他の家族にとってもたいへんな行事です。でも麻衣の拒食症の改善がわかるバロメーターの役割をしてくれているようにも思えます」。

どんなところがお母さんからみて麻衣さんの拒食症がよくなったと言えるのでしょうか?

 

拒食症の麻衣さんの改善点は…………(母親の視点から)

*「暮れにおせちをお重につめる手伝いをしてくれました。拒食症で苦しんでいた昨年は食べ物   が目の前にあるのもしんどくて、布団のなかにいましたから」

*「お料理づくりのあいまに、使った道具なんかを洗ってくれてました。言われたことしかできなかったのが、気がつくようになってきたんだなと思いました」

*お正月のお膳を家族みんなで囲めて「おめでとうございます」って言えました。昨年のことを思うと信じられないことです。新年から布団をかぶって出てこなかったし、おせちもみんなとは一緒に食べられませんでした」

*「食べる量と種類が増えてきましたね。昨年は自分が「食べてもいい」と決めている物しか口にできなかったんです。でも今年はおばあちゃんが持ってきてくれた羊羹を「おいしいね」って食べてました」

*「昨年は兄が帰ってくると極端にいやがって避けてたんです。顔をできるだけ会わせないにして。でも今年は『お兄ちゃんに数学おしえてもらうんだ』と帰ってくるのを待っていましたね」

 

摂食障害(拒食症)は、家族の辛抱、理解と見守るまなざしがあれば立ち直れる

摂食障害(拒食症)の家族の人たちからすれば、「この子はいったいなんでこんなに我がまま言ってるの。勝ってなことばっかりして」と腹がたつときも多いでしょう。が、摂食障害(拒食症)は、適切なアドバイアスがもらえるカウンセリング治療の路線にのっていれば、家族の辛抱、理解と見守るまなざしは、やがて本人が拒食症から立ち直る原動力となっていくことがよくあります。

摂食障害 拒食症

 

淀屋橋心理療法センター大阪 ☜クリック

摂食障害専門外来(06-6866-1510)

福田俊一 所長、精神科医師、カウンセリング治療歴40年

増井昌美 当センター摂食障害専門セラピスト 治療歴30年

「拒食症」母親の不安と悩み:入院をいやがる子ども

 摂食障害(拒食症/過食症)のカウンセリング治療は、大阪府豊中市淀屋橋心理療法センター の摂食障害専門外来でおこなっております。 06-6866-1510

 

 「拒食症」母親の不安と悩み:入院をいやがる子ども

 

母親の不安:うちの子はがりがりにやせてます。それでもわずかしか食べようとしません。体重が毎日のように減ってきています。今にも死にそうなので入院させたいのですが「入院はいやだ」と言います。どうしたらいいでしょうか?

答え:たいてい拒食症の子どもは入院をいやがります。「入院すればむりやりに太らされる。ぜったいにいや!」という強い気持ちをもっています。子どもの気持ちを尊重すれば、やせて命が危なくなるのではと母親の不安はつきません。かといって無理矢理に入院させるというのもさらに不安がつのると、親御さんはどうしたらいいか難しい局面にたたされますね。

 

さらに詳しいアドバイスは下記をお読みください。 ↓↓

入院をぜったいにいやがる子ども

拒食症の一番たいへんな点は「食べないので低体重が死につながる」恐れがあることです。母親の不安の最たるものは、我が子のやせ細った姿を見るたびに「この子は低体重で死んでしまうのではないか。なんとしても入院させて命を救ってやらなくては」と必死になります。しかしそのたびに「入院はぜったいにいや!」と、かたくなまでに主張する拒食症の子どもに直面するのです。

 

内科医と子どもの最低体重の約束が効果をあげる

拒食症のカウンセリングでは、体の安全を一番に考えて医学的に診てもらえる内科医との連携をとるようにしています。ドクターから「あなたの最低体重は○kgです。これより下がると、入院ですよ。いいですね」と、はっきりと約束してもらいます。たいていの拒食症の子(人)は「入院したくない」という気持ちを強くもっています。それだけに「ドクターと約束した最低体重の○kgをぜったいに守ろう」とする意思がわいてきて、これ以上やせないように頑張りだすことがよくあります。

カウンセリングではこの「ドクターと子どもの間で約束された最低体重」が保証されると、安心してカウンセリング治療にとりくむことができます。

 

 「やせたい気持ち」を受け入れて子どもの意思を尊重

淀屋橋心理療法センターカウンセリング治療では決して頭から低体重の子どもが主張する「食べない」という行為を否定したりしません。むしろ「やせていたいんでしょう。いいですよ。やせていましょう。それがあなたらしいことなんですから。無理に太ろうなんてできないでしょう」と語りかけて、子どもの「やせたい気持ち」を受け入れてあげます。母親には「食べる食べない領域は子どもの意思を尊重して任せましょう」と語りかけ、そのかわり連携をとっている内科医に決めてもらった「体を守る最低限の体重を切らないよう、自分で頑張る」という約束をはっきりと守ってもらいます。

このように子ども自らが自分の意思で取り組んでいけるように導きながら、子どもの成長をめざします。

 

   ここがポイント ↓↓

*「やせたい」気持ちを受け入れる

*最低体重を内科医と子どもで約束

*子どもの意思を尊重

*大切なのは、子どもの成長

**************************************************************************************************

 

カウンセリングは「淀屋橋心理療法センター、摂食障害専門外来」でおこなっております。さらに詳しい摂食障害(拒食症)の記事はこちらをクリック 淀屋橋心理療法センター摂食障害専門外来

淀屋橋心理療法センター ☜クリック

福田俊一 精神科医 所長 (摂食障害カウンセリング治療40年の治療歴)

増井昌美 摂食障害専門セラピスト (カウンセリング治療30年の治療暦)

「拒食症」母親の不安と悩み:ガンコに食べない子ども

拒食症のカウンセリング治療は、

淀屋橋心理療法センター/摂食障害専門外来で行っております。

拒食症のチェックリストもお試しください。 06-6866-1510

**************************************************************************************************************

拒食症:母親の不安と悩み ガンコに食べない子ども

 

ガンコに食べない子どもにどう対応すればいいの?(母親の不安)

母親の不安「なんで食べないの。食べないと死んでしまうのよ!」と私は必死ですが、子どもはあれこれ理由を言って食べようとしません。どうすればいいでしょうか?

答え:食べさせようとしても食べない子どもに、母親の不安は増大し疲れはててしまいます。子どもは心のなかで「食べたほうがいい、いや食べないとえらいことになる」と葛藤を繰り返しています。でもどうしてもその現実を受け入れられないのか、食べないほうを選んでしまいます。「このままでは栄養失調で死んでしまうのでは」と母親の不安はピークに達してしまいます。

 

不安でいっぱいのお母さん、さらに詳しいアドバイスは下記をお読みください。↓↓

食を拒否するガンコさは、自己主張の裏返し

食に対する抵抗は、拒食症の子どもに残された「自己主張できる」わずかな領域であるという事実を親御さんはしっかりと認識しなければなりません。無理矢理に食べさされ続けたりすると、親に打ち負かされたと感じたり親は信頼できないという感じを増やす子がいます。こうなるとよけい拒食症が治りにくくなりますので、子どもが親の干渉から離れて、自分で決める分野を増やしていきましょう。

ここがポイント ↓↓

*ガンコさは子どもの自己主張

*親に打ち負かされる

*親への信頼感を大切に

******************************************************************************

 

拒食症のカウンセリングは「淀屋橋心理療法センター、摂食障害専門外来」でおこなっております。さらに詳しい摂食障害(拒食症)の記事はこちらをクリック↓

 

淀屋橋心理療法センター  TEL: 06-6866-1510      FAX:06-6866-2812

福田俊一 精神科医 所長(摂食障害のカウンセリング治療40年の治療歴)
増井昌美 摂食障害専門セラピスト (カウンセリング治療30年の治療暦)

「拒食症」:見分けるポイントはチェックリストが有効

母親が見つける子どもの拒食症チェックリスト

 

摂食障害(拒食症/過食症)のカウンセリング治療は、淀屋橋心理療法センター摂食障害専門外来で行なっています。 (電話:06-6866-1510  FAX:06-6866-2812】

*************************************************************************************************************

 

質問娘はダイエットをしてやせてきています。拒食症かどうか見分けるぽいんとをおしえてください。(中学生の娘をもつ母親

答え拒食症かどうか見分けるポイントは、母親の目からはわかりにくいこともあります。「母親が見つける子どもの拒食症チェックリスト」で確認しましょう。

 

1.母親が見つける子どもの拒食症チェックリスト

母親が気がつきやすい【拒食症】を見分けるポイントを集めてみました。

 (下記にあげた項目はしばしばダイエット中の健康な人にもみられますが、これらのチェック   項目が重なれば重なるほど拒食症の可能性が高くなります)

 

(上記の「母親が見つける子どもの拒食症チェックリスト」は、淀屋橋心理療法センターに問い合わせてこられたり、カウンセリング治療をした摂食障害のクライエント2455人[2012.12.31まで]を参考に作成しました)

【母親が見つける子どもの拒食症チェックリスト】

**********************************************************************************************************

 

(上記の「母親が見つける子どもの拒食症チェックリスト」は、淀屋橋心理療法センターに問い合わせてこられたり、カウンセリング治療をした摂食障害(拒食症/過食症)のクライエント2455人[2012.12.31まで]を参考に作成しました)

 

チェックリスト作成:淀屋橋心理療法センター 摂食障害専門外来

福田俊一 所長 精神科医(摂食障害のカウンセリング治療歴40年)

増井昌美 摂食障害専門セラピスト(過食症のカウンセリング治療歴30年)

 

 

 

 

 

***************************************************************************************

2.拒食症かどうか、自分でやってみる

自己診断チェックリスト(上記のリストと重なる項目もあります)

本人が自分で知りたいとき、やってみるとよくわかります。

【拒食症:自分で見つける拒食症チェックリスト】

淀屋橋心理療法センターRSS配信

 チェックリスト作成:淀屋橋心理療法センター

福田俊一 所長 精神科医
増井昌美 摂食障害専門セラピスト

 

 

 

 

 

 

 

母親のための「子どもの拒食症チェックリスト」

母親のための「子どもの拒食症チェックリスト」

 

拒食症のカウンセリング治療は、 淀屋橋心理療法センター摂食障害専門外来でおこなっております。TEL:06-6866-1510  FAX:06-6866-2812

 

1.母親のための「子どもの拒食症チェックリスト」

下記項目は母親が気がつきやすい【拒食症】のサインです。下記にあげた項目はしばしばダイエット中の健康な人にもみられますが、これらのチェック項目が重なれば重なるほど拒食症の可能性が高くなります。その場合は早い段階で専門家に相談することをおすすめします。(チェックリストは、淀屋橋心理療法センターに問い合わせてこられたりカウンセリング治療をした摂食障害のクライエント2455人[2012.12.31まで]を参考に作成)

【母親が見つける子どもの拒食症】

チェックリスト作成:淀屋橋心理療法センター 摂食障害専門外来(無断転載を禁ず)

福田俊一 所長 精神科医(摂食障害のカウンセリング治療歴40年)
増井昌美 過食症専門セラピスト(過食症のカウンセリング治療歴30年)