タグ別アーカイブ: 心理療法

拒食症早期治療の大事さ (大阪 淀屋橋心理療法センター)

拒食症の治療の場合、やはりその根底にある痩せることへの執着をどうするか、逆に言えば痩せること以外に執着心を向けられない現状を解決することが必要です。

身長160cm 体重が40kgを切ったぐらいの早い段階なら、手は打ちやすいです。その人の成長をどう図るか、どのように芽を伸ばせればここから脱出できるか、カウンセラーも、周りの親も関係者も考えるユトリがあるからです。

一方体重が30kg切った、25kgを切ったとなると、どうしてもなんとか1口でも食べて欲しいと親の関心が偏り、本人さんの心も揺れます。そうなると、楽勝ムードで治療に取り組むことが難しくなってきます。

心理的な治療が効果を上げてきても、まだ体重は2、3ヶ月ゆっくり下がっていきます。やがて底を打って、ゆっくりと上昇に転じていきます。そのような治り方をした人は、過食症に陥る可能性も低いのです。

今日は、早い段階での治療のスタートが、当センターの治療法では、いかに治しやすくなるかを書かせて頂きました。次は、より低体重のケースの場合について書いていきます。

淀屋橋心理療法センター
福田 俊一(所長、精神科医)

淀屋橋心理療法センター メインHP 精神科医日記より

(詳しい情報は上のリンクより当センター メインHPでご確認下さい)