カテゴリー別アーカイブ: 摂食障害 拒食症 食べない 

拒食症と食事内容:カロリーを気にして食べない娘

母親からの質問

【質問】

娘は今17才ですが、三年間拒食症が続いています。発症当時50キロあった体重は35キロまで減りました。お料理を作るのは好きで、家族のためにいっぱい作ってくれるのですが、自分では食べようとしません。「Kちゃんも食べないと」とか「ほらこれ、栄養あるよ。一つでも食べてごらん」といって、進めていたのですが一向に食べないばかりか、よけいかたくなになるような気がして。とうとう親も我慢できなくなって「食べないんだったら、せめて自分から栄養ドリンク剤くらい飲まないでどうするの!」と、怒ったように言ってしまいました。食べることに関しては、心配でも親は口をはさまないほうがいいんでしょうか?

【答 え】

「食べなさい」と言ったら、ますます反発して食べなくなるということも考えられます。言わなければ自分から食べるようになるかというと、拒食症の子にそれは期待うすでしょう。どこで押すのか、どこで引くのか・・なかなかデリケートな問題です。内科医で処方された栄養ドリンク剤は、一本500Kカロリーほどあります。食べない子にとっては文字どおりの命綱です。食べて欲しいところですが、「カロリー」という言葉を聞いたとたん、いっぺんに喉を通らなくなったという拒食症の子もいます。我々もケースバイケースで対応しています。

ただ「食べろ、食べない」の押し問答をしていても不毛地帯のようなもの。どれだけしても花を咲かせるのは難しいでしょう。

少しこの問題から目をそらして、子どもの全体像を見てみましょう。14才から17才というと年齢的に子どもから大人になるちょうど変わり目にきています。わりと自己主張が強かった子なんかは自然に脱皮して変わっていきますが、我が強いのに我を出しにくいという子の場合、ここらで止まって行き詰まってしまうことがよくあります。小さい頃から慣れ親しんだ自分のようにはできないし、かといってどうしていいかわからない、もやもやした気持ちでいることがよくあります。摂食障害とはこのもやもやしているうちにポコッとやせ願望にはまってしまったようなものです。このあたりで子どもから大人へ、脱皮ができるお手伝いが必要です。

子どもの体重がこれ以上下がったりしないよう、また体に不調はでていないか十分気をつけながらすすめていきます。そして親子のコミュニケーションがこじれないよう注意しながら、一番効果のあがる本質的なところを解決すべく着々と手を打っていきます。

拒食症と食事 食べない娘への対応

淀屋橋心理療法センター ☜クリック

☎ 06-6866-1510

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 拒食症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
にほんブログ村

摂食障害(拒食症)の人たちとお正月

摂食障害(拒食症)の人たちとお正月摂食障害 拒食症

摂食障害(拒食症)カウンセリング治療は淀屋橋心理療法センター大阪 摂食障害専門外来でおこなっております。(06-6866-1510にお問い合わせください)

「拒食症の私にとって、お正月は囚人の気持ちよ」 麻衣さん(中学3年生、拒食症歴一年)

摂食障害(拒食症)の人たちにとって、お正月を無事に過ごすことが毎年しんどい一年の始まりです。いったいなぜそんなにお正月がしんどいのでしょうか?

お正月が終わりカウンセリング治療に来所した拒食症の麻衣さんのお話からご紹介しましょう。

「お正月はほんとうにいや、だって「あれ食べこれ食べ」ってすすめるんだもの」

朝一番に家族とともに祝うおせち料理。お膳の前に座っていっせいに「おめでとうございます」と挨拶を言って食事が始まります。「おいしそうやな、オレは食うぞ」とお兄さんの目がキラキラかがいています。「私は黒豆と田作り。だってお正月の定番ですもの」とお姉さん。「麻衣ちゃんはなにがいい、お皿にとってあげようか?」とおばあちゃんのやさしそうな声。

「あーあ、またはじまった。これがしんどいのよ」「これおいしいよ」とか「まだそんなけしか食べてないの?」とか。もうほっといてほしいのに食べることに口をはさんでくる。お正月だからいいと思ってるのかしら」。麻衣さんはいつもの食べるペースを崩されてしまい、しんどくてたまりません。

 

お正月は家族が増えたり減ったりする「アコーデオン家族」

麻衣さんにとってお正月でもう一ついやなことがあります。それは家族の人数が増えたり減ったりすることです。東京の大学に行っているお兄さんが帰省してきた。結婚したお姉さんが赤ちゃん連れて帰ってきた。それにおばあちゃんとおじいちゃんが笑顔でやってくるし。

麻衣さんにとって本来ならうれしいことです。おじいちゃんもおばあちゃんもやさしいし、お年玉くれるし。お兄さんは宿題でわからない数学を教えてくれます。赤ちゃんもかわいいし。みんないいことばかり。拒食症でさえなかったら、どんなにいいだろうと思います。

でも麻衣さんとって生活のペースを守れないのは不安と苦痛でしかありません。「6時に起きて朝の体操をする。それからトイレに行って、顔を洗って着替える」。麻衣さんにとっては、これらの生活習慣がみんな自分で決めた時間にしたがって行なわれないと一日が始まりません。家族が増えることで崩されてしまいます。これは完璧に自分がきめたルールを守らずにいられない麻衣さんにとっては大変な苦痛です。

                            摂食障害専門外来

「お正月は娘の拒食症がよくなったと確認できる大切な日」とお母さん

カウンセリング治療にいつも一緒に来所するお母さんが次のように話してくれました。「お正月は確かに麻衣にとっても他の家族にとってもたいへんな行事です。でも麻衣の拒食症の改善がわかるバロメーターの役割をしてくれているようにも思えます」。

どんなところがお母さんからみて麻衣さんの拒食症がよくなったと言えるのでしょうか?

 

拒食症の麻衣さんの改善点は…………(母親の視点から)

*「暮れにおせちをお重につめる手伝いをしてくれました。拒食症で苦しんでいた昨年は食べ物   が目の前にあるのもしんどくて、布団のなかにいましたから」

*「お料理づくりのあいまに、使った道具なんかを洗ってくれてました。言われたことしかできなかったのが、気がつくようになってきたんだなと思いました」

*お正月のお膳を家族みんなで囲めて「おめでとうございます」って言えました。昨年のことを思うと信じられないことです。新年から布団をかぶって出てこなかったし、おせちもみんなとは一緒に食べられませんでした」

*「食べる量と種類が増えてきましたね。昨年は自分が「食べてもいい」と決めている物しか口にできなかったんです。でも今年はおばあちゃんが持ってきてくれた羊羹を「おいしいね」って食べてました」

*「昨年は兄が帰ってくると極端にいやがって避けてたんです。顔をできるだけ会わせないにして。でも今年は『お兄ちゃんに数学おしえてもらうんだ』と帰ってくるのを待っていましたね」

 

摂食障害(拒食症)は、家族の辛抱、理解と見守るまなざしがあれば立ち直れる

摂食障害(拒食症)の家族の人たちからすれば、「この子はいったいなんでこんなに我がまま言ってるの。勝ってなことばっかりして」と腹がたつときも多いでしょう。が、摂食障害(拒食症)は、適切なアドバイアスがもらえるカウンセリング治療の路線にのっていれば、家族の辛抱、理解と見守るまなざしは、やがて本人が拒食症から立ち直る原動力となっていくことがよくあります。

摂食障害 拒食症

 

淀屋橋心理療法センター大阪 ☜クリック

摂食障害専門外来(06-6866-1510)

福田俊一 所長、精神科医師、カウンセリング治療歴40年

増井昌美 当センター摂食障害専門セラピスト 治療歴30年