月別アーカイブ: 2013年6月

「拒食症」母親の不安と悩み:ガンコに食べない子ども

拒食症のカウンセリング治療は、

淀屋橋心理療法センター/摂食障害専門外来で行っております。

拒食症のチェックリストもお試しください。 06-6866-1510

**************************************************************************************************************

拒食症:母親の不安と悩み ガンコに食べない子ども

 

ガンコに食べない子どもにどう対応すればいいの?(母親の不安)

母親の不安「なんで食べないの。食べないと死んでしまうのよ!」と私は必死ですが、子どもはあれこれ理由を言って食べようとしません。どうすればいいでしょうか?

答え:食べさせようとしても食べない子どもに、母親の不安は増大し疲れはててしまいます。子どもは心のなかで「食べたほうがいい、いや食べないとえらいことになる」と葛藤を繰り返しています。でもどうしてもその現実を受け入れられないのか、食べないほうを選んでしまいます。「このままでは栄養失調で死んでしまうのでは」と母親の不安はピークに達してしまいます。

 

不安でいっぱいのお母さん、さらに詳しいアドバイスは下記をお読みください。↓↓

食を拒否するガンコさは、自己主張の裏返し

食に対する抵抗は、拒食症の子どもに残された「自己主張できる」わずかな領域であるという事実を親御さんはしっかりと認識しなければなりません。無理矢理に食べさされ続けたりすると、親に打ち負かされたと感じたり親は信頼できないという感じを増やす子がいます。こうなるとよけい拒食症が治りにくくなりますので、子どもが親の干渉から離れて、自分で決める分野を増やしていきましょう。

ここがポイント ↓↓

*ガンコさは子どもの自己主張

*親に打ち負かされる

*親への信頼感を大切に

******************************************************************************

 

拒食症のカウンセリングは「淀屋橋心理療法センター、摂食障害専門外来」でおこなっております。さらに詳しい摂食障害(拒食症)の記事はこちらをクリック↓

 

淀屋橋心理療法センター  TEL: 06-6866-1510      FAX:06-6866-2812

福田俊一 精神科医 所長(摂食障害のカウンセリング治療40年の治療歴)
増井昌美 摂食障害専門セラピスト (カウンセリング治療30年の治療暦)