摂食障害(拒食症)の低年齢化(小学生)

◆淀屋橋心理療法センターでは二年前に、小学6年生(12才)の拒食症の事例がありました。

お母さんのお話を聞いていくと、娘さんは小学3~4年生ころからおやつのケーキやアイスクリームなど甘いものをたべようとしなくなったということです。お母さんが問いただすと「クラスの男の子が私のこと『子豚のブーちゃん』といってからかうの。太ってるのいやだ。細くなりたい。甘い物食べると太るもん」と言って泣き出したそうです。「だいじょうぶよ、そんなに太ってないから」とお母さんはなだめたのですが、「いいや、私太ってる」と言って、頑として受け入れようとしませんでした。

そのあとも二年ほどそんな状態が続いていました。小学6年生になったころから食事の量が極端に少なくなり体重がどんどん減ってきました。近くの内科を受診したところ「拒食症」と診断されたということです。

当センターで11ヶ月のカウンセリングを両親とともに受け、完治しました。

◆最近立て続けに小学3年生(8才)の女子の拒食症事例が当センターに来所、これが最年少の事例です。

今まで小学5~6年生の摂食障害を治療してきましたが、3年生という幼さにさすが我々も驚きました。

身長がぐんぐん伸びだす直前でもあり、親御さんもなんとか本人の栄養状態をよくしようと必死でした。ところがうまくいかず、下がる一方の体重になすすべもありませんでした。心配のあまり拒食症専門外来のある当センターに相談に来られました。

お母さんの話によると女の子は食べ物を口に入れてガムのようにかんでいるのですが、なかなかのみこめない状態です。あるいは飲み込みたくないという気持ちが強いのかもしれません。食べ物のカロリーをよく知っていて「ヨーグルトはいいけど、アイスクリームはダメ」といって、自分で食べていい物いけない物を決めています。カロリーの高い物を意図的に避けているようです。やはり「太りたくない」という強い「やせ願望」の意識が根っこにあるようです。

このうちの一つのケースは、こじれるパターンをもっていました。「お母さんが食べてくれたら、私も食べられるよ」という要求をしてきます。お母さんとしては「娘が食べてくれるなら」と思い、「いいよ、お母さん食べるからあたなも食べてね」と、受けてしまいそうになります。しかし摂食障害において、この要求はお母さんが引き受けるとこじれる素になります。このようなことを娘さんが言い出したときには、すぐに摂食障害の専門家に相談しましょう。

淀屋橋心理療法センター ☜クリック

☎ 06-6866-1510

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 拒食症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
にほんブログ村