低年齢化:拒食症の発症年齢は何才くらいから?

「拒食症」: 発症年齢は何才くらいから?

 

摂食障害(拒食症/過食症)のカウンセリング治療は、大阪府豊中市淀屋橋心理療法センター摂食障害専門外来で行なっています。 (電話:06-6866-1510  FAX:06-6866-2812】

*******************************************************************************************************************

 

質問拒食症の発症年齢は何才くらいからですか?

答え:発症年齢は近年下がりつつ(低年齢化)あります。2〜3年前のことですが、「小学6年生の拒食症」の事例相談を受け、我々も驚いていたころもありました。

しかし昨年あたりから「小学4年生(9才)」という事例もまれではなくなっています。ほっそりしたまだほんとうに幼い印象の子どもが待合室にチョコンと座っているという光景がめずらしくなくなっています。

「摂食障害 低年齢化に警鐘」の記事が読売新聞(2012.12.09)に掲載されていました。次に抜粋して紹介しましょう。

「拒食症などの摂食障害になると低栄養状態になり、最悪の場合死に至ることもある。最近では、低年齢化の傾向もみられ、小中学生を中心に….」

「特に小学生は体が小さく、余力がそれほどない。栄養失調や飢餓状態の影響を大きく受けます。……..摂食障害の子どもの大半は、太ることへの恐怖心を持っています。しかもやせていることを気にしていないため、なぜ病院に連れてこられたかもはっきりと分からず、通院する必要性も分かっていない。食べようと思っても食べられない状態の子どもも多いんです。………….」(読売新聞より抜粋)

 

 

******************************************************************************************

福田俊一 所長 精神科医(摂食障害のカウンセリング治療歴40年)

増井昌美 摂食障害専門セラピスト(過食症のカウンセリング治療歴30年)

 

摂食障害(拒食症/過食症)のカウンセリング治療は、淀屋橋心理療法センター摂食障害専門外来で行なっています。 (電話:06-6866-1510  FAX:06-6866-2812)